(be report)がん患者の外見ケア 社会とつながり自分らしく

有料会員記事

[PR]

 髪の毛が抜けたり皮膚の色がくすんだりといった、抗がん剤の副作用に悩む患者は多い。全国の病院で、こうしたがん患者向けにメイクやエステなど「外見ケア」に取り組む動きが広がっている。ふさぎがちな気分が上向き、社会との接点を取り戻すきっかけになっている。そんな「ソーシャル・ビューティーケア」の現場から報告…

この記事は有料会員記事です。残り1806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。