[PR]

 時の政権と、対するメディアのあり方を問うた二兎(にと)社の「ザ・空気ver.2 誰も書いてはならぬ」が上演される。テレビ局が報道を自己規制していくさまを描いた前作に続き、今回は記者クラブの問題をテーマに据えた。作・演出の永井愛は「今、ジャーナリズムの言論は守られているか」と話す。

 怖い……。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも