(時時刻刻)強行国会、カジノでも 審議18時間のみ 課題山積のまま

有料記事

[PR]

 怒号が飛び交う中で、カジノ実施法案の採決が15日、衆院内閣委員会で強行された。ギャンブル依存症が増える懸念もあり、世論の反対も根強い。だが、わずか18時間10分の審議で、指摘された問題点は解消されないままだった。「数の力」を背景に、与党が最終盤国会を突き進み始めた。▼1面参照

 「審議続行動議!…

この記事は有料記事です。残り2212文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント