前伊東市長、自ら価格交渉 土地購入、予算上限近い額で

有料記事

[PR]

 静岡県伊東市の土地購入を巡る贈収賄事件で、収賄容疑で逮捕された前市長の佃弘巳容疑者(71)が、土地を所有していた贈賄側の業者と「自らやりとりした」などと供述していることが、捜査関係者への取材でわかった。市によると、価格交渉も佃前市長が行っていたという。警視庁などは、業者と面識があった佃前市長が一連…

この記事は有料記事です。残り650文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。