(海を渡ったパンダをたどって:1)愛くるしい敏腕外交官

有料記事

[PR]

 あどけない貴賓を乗せた専用機が、ワシントンから中国・内陸の成都へ向けて飛び立った。2017年2月、中国の駐米大使もお別れの会にかけつけた。その名は「宝宝(パオパオ)」。首都の動物園で13年夏に生まれた子供パンダである。

 世界中のパンダの所有権は中国が握る。国ごとに条件は異なるが、外国は基本的に…

この記事は有料記事です。残り1079文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。