朝鮮戦争、協定転換「約束」 米国務長官明かす 米朝会談でトランプ氏

有料記事

[PR]

 ポンペオ米国務長官は18日、米ミシガン州で講演し、トランプ米大統領が12日の米朝首脳会談で、北朝鮮金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対し、朝鮮戦争(1950~53年)の休戦協定を転換することを約束した、と明らかにした。将来的に平和協定を結ぶことを念頭に置いたものとみられる。▼1面参照

 …

この記事は有料記事です。残り283文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント