[PR]

 大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震から一夜明けた19日、総務省消防庁は午前6時半時点の被害状況をまとめた。死者は4人、負傷者は376人、住宅の一部損壊が252棟となった。鉄道は始発からほぼ平常運転したが、府北部を中心にガスの供給停止や断水が続く。国土交通省は災害査定官を被災地に派遣し、被害状況の調査を始めた。▼13面=大雨不安

 総務省消防庁によると、死者は大阪府で4人。負傷者は大阪府328人、兵庫県29人、京都府10人、奈良県4人、滋賀県3人、三重県2人。住宅被害は大阪府183棟、京都府64棟、奈良県3棟、兵庫県2棟。

 18日午前7時58分ごろに震度6弱の地震が起きてから、余震が続いている。気象庁によると19日午後0時半までに、震度4が1回、震度3が3回、震度2が7回、震度1が17回起きた。大阪府によると、19日午前7時半時点で346カ所に計1785人が避難している。

 大阪府高槻市では市立寿栄小学校のプールのブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(りな)さん(9)が亡くなった。高槻市教育委員会がブロック塀を「建築基準法に違反している」と説明した問題について、石井啓一国土交通相は19日の閣議後会見で「(塀は)現場の映像では(安全)基準に適合しない可能性が極めて高いと考えている」と指摘した。

 府災害対策本部によると、電気と下水道、通信は府内全域で復旧した。

 大阪ガスによると、19日午前9時時点で、大阪府の茨木市と高槻市を中心に計約11万2千戸で供給停止が続いている。厚生労働省などによると、水道は府北部への送水管が破損し、高槻市で約19万4千人、箕面市で約2万人が断水などの影響を受けた。

こんなニュースも