[PR]

 長崎県諫早市を拠点に多数の小説を執筆し、1980年、42歳で早世した野呂邦暢(くにのぶ)。端正かつ正確な文体で今なおファンの多い作家の作品集がこのほど完結した。『野呂邦暢小説集成』(文遊社)で、最新刊の9巻には、ライフワークで、長崎の原爆をテーマにした未発表作を収録している。

 野呂は37年、長崎…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも