[PR]

 「死とは何か」は筒井康隆さん(83)をとらえて離さない問いだ。作家が支えとしてきたのが20世紀最大の哲学書、ハイデガーの『存在と時間』だった。

 『誰にもわかるハイデガー』(河出書房新社)は、1990年5月の講演を加筆修正した。難解な大著を自在な語りで大胆に読み解いてゆく。ハイデガーの「現存在」は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも