[PR]

 日本新聞協会は20日、記者らへのセクハラ問題に対する決議をした。真実を追究し、権力を監視し続けるという責務を果たすため、取材源などからのハラスメントに毅然(きぜん)と対応することや、加害者にならないよう自らを律していくことなどが盛り込まれている。

 全文は以下のとおり。

     ◇

 セクシュア…

この記事は有料会員記事です。残り357文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り357文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも