パナマ文書、新たに120万件 流出元の事務所、混乱ぶり示す

有料記事

[PR]

 ■ICIJ提携記事

 各国首脳らとタックスヘイブン租税回避地)の関わりを明るみに出した「パナマ文書」の流出元となったパナマの法律事務所「モサック・フォンセカ(MF)」から、新たに120万件の電子ファイルが流出した。2年前に一連の報道が始まった後、各国の捜査当局への対応を迫られたり、顧客からの多…

この記事は有料記事です。残り326文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!