[PR]

 独の文豪トーマス・マンの自伝的な小説にはニシンが登場する。生地のバルト海に面した都市リューベックは、塩漬けニシンの販売と輸送によってハンザ同盟の中核を担った。塩漬けニシンは、四旬節と降臨節の肉食禁止期間の貴重な栄養源となり、ニシンをめぐっての戦争も幾度か起きた。

 いまでもヨーロッパを旅すると、酢…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも