[PR]

 大腸の粘膜に炎症が起こる難病「潰瘍(かいよう)性大腸炎」を治療するため、患者から採った幹細胞を培養し、再び患部に移植する臨床研究を、東京医科歯科大学のチームが今秋にも始める。治療法が確立できれば、重症の場合でも再発しないほどに回復する可能性があるという。

 潰瘍性大腸炎は、難治性の潰瘍が大腸の粘膜…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも