[PR]

 刑事免責制度が適用された覚醒剤密輸事件の裁判員裁判で、東京地裁(家令和典裁判長)は22日、覚醒剤取締法違反(営利目的輸入)などの罪に問われた中国籍の林伯珠被告(22)に懲役8年、罰金300万円(求刑懲役10年、罰金400万円)の判決を言い渡した。同制度は証人の罪の立証には使わない約束で証言を強制す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも