[PR]

 国際司法裁判所(ICJ、オランダ・ハーグ)の小和田恒判事の辞任に伴う補欠選挙(欠員1)が22日、国連総会と安全保障理事会で行われ、唯一立候補していた東京大教授の岩沢雄司氏(64)=自由権規約委員会委員長=が当選した。任期は2021年2月5日まで。

 安保理(15カ国)では全会一致の15票、総会(1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも