[PR]

 朝日新書6月新刊のラインアップは、新書大賞2016『京都ぎらい』から「タイトルを拝借した」という橘玲・著「朝日ぎらい」定価875円(税込み)、経済敗戦や原発事故など平成30年間の「戦犯」を問う猪瀬直樹、田原総一朗・著「平成の重大事件」、津田倫男・著「地銀・信金 ダブル消滅」、小向敦子・著「すごい葬式」各定価821円(同)、山口謠司・著「漱石と朝日新聞」定価875円(同)。好評発売中です。

 お求めは書店、ASA(朝日新聞販売所)、または朝日新聞出版サイト(https://publications.asahi.com/別ウインドウで開きます

こんなニュースも