舞踊に物語を取り戻す Noism「ロミオとジュリエットたち」

有料記事

[PR]

 りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館のダンスカンパニー「Noism(ノイズム)」が来月から、新作「ロミオとジュリエットたち」を上演する。舞台設定は病院。ダンサーと俳優が入り交じって演じる。芸術監督の金森穣は、広く知られた物語から、現代の悲劇を生み出そうとしている。

 新たな試みとして、自身を含むダン…

この記事は有料記事です。残り978文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント