[PR]

 ■考古学者・大塚初重

 1949年9月中旬、杉原荘介先生から「ハックツニセイコウ タダナミダノミ」という電報が明治大学の研究室あてに届き、留守番のぼくたちは大いにわきました。電報は、群馬県の岩宿遺跡で、日本初の旧石器が見つかったことを知らせるものでした。

 《始まりは49年8月末、登呂遺跡の調査…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも