[PR]

 働き方改革関連法案に盛り込まれた「残業時間の上限規制」に、国会審議で期待と批判の声が交錯している。これまで青天井だった残業に、初めて罰則つきで「天井」を設ける一方で、その天井が「過労死ライン」の水準になっているためだ。新たな「抜け穴」も指摘されているが、政府は労使が合意して決めた経緯を強調しており…

この記事は有料会員記事です。残り965文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り965文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り965文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
こんなニュースも