(世界発2018)日本家屋はいま:上 台北、生まれ変わる「昭和町」

有料記事

[PR]

 日本が台湾を植民地統治した頃、台北に「昭和町」と呼ばれた地区があった。今、古い日本家屋が次々と改修され、茶館や画廊などに生まれ変わっている。(台北=西本秀

 台北市内の青田街に4月末開業した茶館「和合青田」のお披露目式。東京から招かれた滝令子さん(67)が門をくぐると、台湾人の従業員らが「おか…

この記事は有料記事です。残り1506文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント