(フォト)世界遺産にすむコウモリ 絶滅危惧種、共生の道を

有料会員記事

[PR]

 米国から返還されて50年を迎えた小笠原諸島東京都)。希少な生物の宝庫で、世界自然遺産にも登録されている。オガサワラオオコウモリは同諸島に生息する哺乳類で唯一の固有種で、国の天然記念物にもなっている。体長20~25センチ、翼を広げると80センチほどになる。

 国際自然保護連合は昨年、絶滅の恐れがあ…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら