[PR]

 戦後の日本で生まれた現代美術の内外での再評価が進んでいる。木や石、鉄といったモノの存在を問うような表現を見せた「もの派」もその一つ。中核作家の菅木志雄(すがきしお)(74)が、東京・六本木の小山登美夫ギャラリーで個展を開いている。

 画面に木の部材を貼り付けたような壁掛けの作品や、床に石を配した作…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも