[PR]

 ■考古学者・大塚初重

 《1947年、初めて古墳の発掘に参加した。千葉県東村(現在の長南町)の能満寺古墳だった》

 全長70メートル余の前方後円墳でした。当時のぼくは明治大学の2年生で、調査当日、午前4時に大学のある東京・御茶ノ水を出発するため、考古学研究部の部室でリュックサックにもたれて仮眠し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも