[PR]

 尾張藩主徳川慶勝(よしかつ)ら4兄弟の視点から幕末を描いた『葵(あおい)の残葉』(文芸春秋)が第37回新田次郎文学賞に選ばれた。尾張徳川家の分家高須松平家の4兄弟だが、倒幕派と佐幕派に引き裂かれ、翻弄(ほんろう)される。

 作者の奥山景布子(きょうこ)さんは名古屋在住。テレビ番組で偶然、慶勝のこと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも