[PR]

 日本で最初の「正史」(国が編纂〈へんさん〉した歴史書)として知られる「日本書紀」。最新の研究成果をもとに、成立と変遷を考えた論文集『日本書紀の誕生――編纂と受容の歴史』(遠藤慶太・河内春人・関根淳・細井浩志編、八木書店)が刊行された。

 執筆しているのは、古代史を中心に古典文学、神道学などを専門に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも