[PR]

口寄せのこめかみふかく夜天光

 

曇天や星見のあとを蛇垂れて

 

魚や立つミルククラウンこそ夜会

 

鳴き砂に鳴かれて妣の遠流なる

 

月はるか那由他の蝶が過去世より

 

霧をまた命命鳥が唄い過ぐ

 

太陽をにれかむギロチン窓や海

 

影をひく骰子(さい)の行方や貴腐ワイン

 

氷りつつ古代微笑の聖…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも