[PR]

 政府は今月5日、単純労働も含めた外国人労働者の受け入れ拡大を「骨太の方針」に盛り込んだ。2025年ごろまでに50万人超の受け入れを目指すという。

 労働力不足を背景に日本の外国人労働者比率は、すでに多くの部門で高まっている。留学生や技能実習生を含めると昨年10月末で約127万8千人。労働者の50人…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも