[PR]

 演出家・宮田慶子がこの夏、8年間務めた新国立劇場の演劇芸術監督を退任する。最後に手がける作品は蓬莱(ほうらい)竜太の「消えていくなら朝」。宮田は「集大成と思って取り組みたい」と意気込む。

 「長かったなぁー」

 宮田はそう言って笑った。2期の間に同劇場で上演した作品は60本以上。王道の名作を紹介す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも