[PR]

 文部科学省は28日、物質の微細な構造を観察できる次世代の「放射光施設」を、東北大(仙台市)の敷地に建てる方針を固めた。創薬や新材料開発などにつながると期待される。総額360億円をかけて整備し、2022年度にも稼働を始める。

 施設は周囲325~425メートルの円形。ほぼ光速で進む電子を曲げたときに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも