[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)に基づく障害者らへの強制不妊手術は違憲で、救済措置がとられていないのは違法として28日、北海道と熊本県の男女3人が国に損害賠償を求め、札幌地裁と熊本地裁に提訴した。強制不妊手術の国賠訴訟の原告は7人となった。先行する裁判では、争う姿勢の国に、裁判所が厳しい姿勢を示し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも