[PR]

 宇宙人の話が好まれるのは、人類が寂しい存在だからだ。そう教えてくれるのが谷川俊太郎さんが1950年に書いた「二十億光年の孤独」である。〈人類は小さな球の上で/眠り起きそして働き/ときどき火星に仲間を欲しがったりする〉▼火星人などいない。それが分かった今も、広い宇宙のどこかに生命、あるいは生命が生ま…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも