[PR]

 町田康の時代小説を原作に、宮藤官九郎の脚本で、石井岳龍が監督した「パンク侍、斬られて候」が30日公開される。時代劇?と思って見たら裏切られる。現代口語調のセリフあり、CGふんだんのSF感ありと、きてれつな世界観で描かれる異色作だ。主演の綾野剛は「劇薬であることは間違いない」と語る。

 「狂い咲き…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも