[PR]

 富士通は29日、三重県桑名市にある半導体工場を、2019年1月に台湾の半導体大手「UMC」に売却すると発表した。工場の運営会社にはUMCがすでに15・9%を出資しており、残りの84・1%の株式を約576億円で売る。約970人の正社員の雇用は維持するという。

 工場ではスマートフォンや自動車向けの半…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも