[PR]

 病原性の大腸菌が人の腸にひっつくとき、目印となるたんぱく質を放出して足場をつくっていることを、大阪大などの研究チームが発見し、29日発表した。このたんぱく質の働きを阻害できれば、大腸菌が腸にとどまれなくなり、発病を防ぐことなどが期待される。

 「腸管毒素原性」という種類の大腸菌は、汚染水などから腸…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも