写真・図版

[PR]

 ■「爆発しない安全なエネルギーが必要」。被災地の高校生は将来を見据える。

 福島県広野町のふたば未来学園高校では水曜午後に「未来創造探究」の時間がある。

 「この部分、発電機に取り付けたら使えるんじゃない?」。3年生の永井健一郎(ながいけんいちろう)(17)が他の4人に声をかけた。5人は、小水力発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも