[PR]

 金融庁は29日、金融機関を検査・監督する新たな枠組みとなる「健全性政策基本方針」を発表した。低金利化でも生き残るために、必要なリスクをとっているかを評価する形に変える。借り手のビジネスの実態などを各行が十分に把握できていれば、柔軟性のある形でリスク管理することを認める。

こんなニュースも