[PR]

 かつて北原白秋らが参加した「赤い鳥」という児童文芸誌があった。文語調が強い学校唱歌に対し、やさしい言葉による「童謡」を作る運動を進め、「かなりや」など多くの作品を生んだ。創刊100年にあたる今年は「童謡100年」とも位置づけられ、CD発売、コンサートなどが相次ぐ。姉妹で童謡をライフワークとしてきた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも