[PR]

 ■考古学者・大塚初重

 《在外研究から帰国後の1968年、大塚さんは明治大学教授に。その年の夏に手がけたのが、群馬県高崎市の観音山古墳の発掘だった》

 観音山古墳は全長100メートルの前方後円墳ですが、地主さんがブルドーザーで木をなぎ倒し始めたので、県教育委員会が止め、大学と共同で発掘を行うこと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも