ぜんそく重症化のメカニズムを解明 千葉大の研究グループ

有料記事

[PR]

 ぜんそく患者の気管支の周囲の組織が硬くなり、重症化の原因となる「線維化」について、千葉大の研究グループは、発症の原因となる免疫細胞の働きを解明したと発表した。重症化を防ぐ治療法の開発につながる可能性がある。6月26日付の米医学誌イミュニティ(電子版)に論文が掲載された。

 研究グループは、ハウスダ…

この記事は有料記事です。残り380文字有料会員になると続きをお読みいただけます。