インフル感染した肺、生きたまま観察 東京大など、マウスで

有料記事

[PR]

 インフルエンザウイルスに感染したマウスの肺の状況を生きたままの状態で観察する方法を、東京大などの研究チームが開発した。致死率の高い高病原性鳥インフルエンザに感染すると、肺内部の血管から血液が漏れ出し、周囲の肺の組織を傷つけていることがわかったという。

 肺は呼吸に伴って動くため顕微鏡の焦点を合わせ…

この記事は有料記事です。残り228文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!