[PR]

 (1面から続く)

 ――今、俳句の季語について思うことは?

 暮らしの変化で死にかけたり、よみがえったりするおもしろみがあります。「すててこ」は昔のお父さんの象徴でしたが、新製品が出て若者にも受けました。「火吹竹(ひふきだけ)」も絶滅寸前でしたが、アウトドアグッズのコーナーに平然と並ぶようになっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも