(オウム法廷)暴走の闇、私たちと無縁か 降幡賢一

有料記事

[PR]

 宗教に名を借りて社会を標的に無差別大量殺人テロを仕掛け、君臨しようとした男。オウム真理教「教祖」らの死刑執行を聞いて改めて思うのは、一連の事件を弟子たちのせいにして、最後はひたすら沈黙の砦(とりで)の中に逃げ込んだこの心貧しい男の率いる集団の暴走を、なぜ私たちは許してしまっていたのか、という痛恨の…

この記事は有料記事です。残り1078文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。