[PR]

 ■(セーフアウト)リーダーへの自覚、25歳の成長

 三塁打を残した九回の第5打席。打てば記録達成と、ヤクルトの山田哲は知っていた。だが、5点もリードされ、長打狙いは頭にない。1死一塁。「本塁打を打っても同点にならない。状況を考え、逆方向に、という考えでした」

 一回の安打、五回の本塁打、七回の二塁…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも