[PR]

 18日に選考会がある芥川賞の候補作、北条裕子さん(32)の小説「美しい顔」が波紋を呼んでいる。複数のノンフィクション作品との類似点があったためだが、そのとらえ方をめぐって出版界で議論が続いている。問題の核はどこにあるのか。

 北条さんのデビュー作「美しい顔」は5月、講談社の群像新人文学賞を受け…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも