洋上風力、発電不調 福島沖・浮体式、商用化に暗雲

有料会員記事

[PR]

 経済産業省福島県沖で進める浮体式洋上風力発電の実証研究事業で、ほとんどの風車が思うように発電できていない状況になっている。設備利用率(発電量を発電能力で割ったもの)の目安は新規の風車では約30%とされるが、そのレベルに達しているのは3基のうちの1基のみで、商用化は見通せない。

 実証事業は、経産…

この記事は有料会員記事です。残り566文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら