党首討論、活性化の道は 「1強多弱」野党の時間細切れ 首相「歴史的使命終わった」

有料記事

[PR]

 党首討論が曲がり角を迎えている。国会勢力が「1強多弱」となり、野党党首1人当たりの持ち時間は短くなった。安倍晋三首相の長い答弁もあって議論は深まらない。首相と最大野党の党首が政権担当能力を競う真剣勝負は、もう見ることができないのだろうか。

 「党首討論の歴史的使命は終わってしまった」。首相は6月…

この記事は有料記事です。残り1609文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント