[PR]

 「日本サッカーの聖地」が今夏、7年余の歳月を経てよみがえる。東京電力福島第一原発事故後、長らく事故対応の拠点だったサッカー練習施設「Jヴィレッジ」(福島県楢葉町、広野町)。第2章のキックオフに向けた準備が加速している。

 初夏のまぶしい日差しを受け、柔らかな海風が天然芝のピッチを吹き渡る。

 厚…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら