肱川のダム放流、事前基準の6倍 西日本豪雨

有料記事

[PR]

 愛媛県の肱(ひじ)川で上流のダムの放流量を増やした後、下流域で氾濫(はんらん)し、5人が死亡するなどの被害が出たことを受け、ダムを管理する国土交通省四国地方整備局が11日、記者会見を開いた。野村ダム(西予市)と鹿野川(かのがわ)ダム(大洲市)の放流量が、洪水を防ぐ事前放流の基準量の約6倍に上ってい…

この記事は有料記事です。残り164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント