[PR]

 ■風当たりが強まるばかり。原発に続く「負債」にならないとは言い切れない。

 「世界最新鋭のIGCC(石炭ガス化複合発電)によって、雇用や経済圏を回復し福島復興に貢献したい」。東京電力社長の小早川智明(こばやかわともあき)(55)は誇らしげにあいさつした。

 「新しいエネルギーと新産業の創出を後押…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも