[PR]

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害のある人らが不妊手術を強いられ、各地で訴訟が提起されている問題で、与党ワーキングチーム(WT)で座長を務める自民党の田村憲久元厚生労働相は12日、「判決が出る出ないに関係なく、最大限の速さで対応しないといけない」と述べた。判決を待たずに支援策を打ち出す考えを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも